アトピーでも全身脱毛できる?

 

結論から言うと状態で判断することが多いようです。

 

そもそも正常な状態の肌というのは、皮脂膜、NMF、細胞間脂質という3つの要素でバリア機能を作っており、これによって守られています。

 

それがアトピー性皮膚炎の場合、3つの要素が不足した状態で、バリア機能が低下したところにアレルギー反応が加わった状態になります。

 

よって強いかゆみや肌がガサガサになったり、湿疹などの症状を引き起こします。

 

この事情から各クリニックは慎重な対応をしています。

 

たとえばかゆみの強い時期を避けての施術や、まずカウンセリングを行い医師が施術可能かどうかを判断してからであったり、
皮膚科に通院している場合は、主治医に全身脱毛をしてもよいかの診断を受けるよう促し、合わせてクリニックでも医師の確認をしてからなどきちんと段階を踏んでからではないと施術しないような体制になっています。

 

これはもちろん患者の安全を1番に考えた方法ですので問題はありません。また他にも皮膚科で処方されている薬がある場合、

 

1週間程度使用を中止したり、ステロイドを使用している場合は6ヶ月間は施術しないという厳しいクリニックもあります。

 

最後にあるクリニックでは、敏感肌の方向けの脱毛方式を採用しているところもあるようです。

 

従来の脱毛機器のように、毛根の毛乳頭に熱のダメージを与えるのではなく、低い温度の光で毛包に熱を蓄えて、発毛因子を現れないようにする方法です。

 

痛みや色素の沈着もないので安心して施術を受けることができます。アトピーだからとあきらめず自身で調べて納得のいく方法を探してみましょう。

 

【おすすめの札幌!全身脱毛ランキング】

 

>>全身脱毛札幌【※安い!おすすめサロンはココ(≧▽≦)ゞ】へ戻る